2011年04月26日

昨日、二人釈放。まだ拘留している仲間をすぐに返せ!

昨日、二人釈放。まだ拘留している仲間をすぐに返せ!
・・・貧乏人や被災者には選挙権はないのか!・・・


 4月5日、昨年の参議院選挙の際に、大阪市に住民票を削除された仲間の投票権を復活させようとしてがんばった仲間7人を逮捕した。昨日、そのうち少なくとも2人が釈放された。今なお拘留されている人の中には、医療連の大谷牧師、いつも火曜日にセンターで「働き人のいいぶん」という新聞を発行し、マイクでしゃべっていた南美穂子のおねえさん、釜ヶ崎や野宿者の闘いを撮影していた映画監督の佐藤レオさん、釜ヶ崎の人権問題などでいつも頑張っていた阪口エキン氏がいる。
 
 そもそも、なぜ、今回、7人が逮捕されたのか?検察側の逮捕理由によれば、「選挙管理委員会が委託したガードマンの公務を妨害した」ということである。しかし、公職選挙法によれば、投票所を管理するのはその投票所の選挙人の中から選ばれた選挙管理人であって、公務員であってはならないのである。そもそも投票所の門扉で入場を規制していた「公務」こそ、「選挙妨害」なのだ。投票所の門扉の所で、誰が選挙人かも判断せずに入場を制限していた選挙管理委員会と、彼らが委託したガードマン達こそ、「選挙妨害罪」で逮捕されなければならない連中なのである。まさに彼らが出した逮捕状をそのまま証拠として、我々は彼らを「選挙妨害罪」で告訴することができる。

 今回の問題は、お金がなく家を持つことができず、住民票がない人間には、選挙権さえ与えないという今の日本の選挙制度の問題である。

 おりしも東日本大震災、被災した人たちは、親戚を頼り、友人を頼り、全国をさまよわざるをえない人もたくさん出てくるはずだ。その人たちの選挙権はどうなるのか?これは、日本の民主主義を根底から問う問題だ。

 今我々の仲間を拘留している連中は、我々貧乏人から選挙権を奪った連中である。釜ヶ崎から日本の民主主義をなおしていこう。金持ちばかりがいばりっている日本を、この釜ヶ崎から世直ししていこう!      (いんば)
posted by 4・5釜ヶ崎大弾圧救援会 at 16:34| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。