2011年07月23日

大阪拘置所糾弾!その4「裁判所法71条違反か!?」

救援連絡センターから、「今回の大阪拘置所の処遇は、裁判所法第71条に違反するのではないか」という助言がありました。


(裁判所法 第71条法廷の秩序維持)
@法廷における秩序の維持は、裁判長又は開廷をした一人の裁判官がこれを行う。
A裁判長又は開廷をした一人の裁判官は、法廷における裁判所の職務の執行を妨げ、又は不当な行状をする者に対し、退廷を命じ、その他法廷における秩序を維持するのに必要な事項を命じ、又は処置を執ることができる。


今回、公判の最中、拘置所職員が山橋美穂子の顔を見続けていたことは、裁判所法71条に違反する可能性が高い。裁判長の指揮もないのにとった拘置所職員の行為は、不当に被告を威圧する行為であり、憲法32条で保障された「裁判を受ける権利」」を蹂躙するものである。しかも拘置所に帰って「調査」し、懲罰まで課すというのは、拘置所としての権限を越えた拘置者に対する「虐待行為」にあたる可能性が高い。弁護士と相談し、法的手段を考えます。

2011年7月23日 山橋宏和
posted by 4・5釜ヶ崎大弾圧救援会 at 20:51| Comment(0) | 声明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。