2011年08月07日

4人は元気ですが、保釈条件がキツ過ぎる!

8月に入り、高校野球も始まりました。
暑い盛りですが、皆さんいかがお過ごしですか?

先月、やっと保釈になった4人には、お会いになった方もおられるかもしれません。
拘置所から出たばかりの時は、4人とも異口同音に「時差ぼけが大変」と、4カ月弱も世間から隔絶された後遺症(?)からの回復に苦労されていたようです。

いまでは、ぼちぼち日常の生活のリズムを取り戻し、元気でやっているようです。

大変なのは、「4人はお互いに、直接会うことも、電話も、メールもしてはいけない」という保釈条件です。そもそも「共謀」の事実なんてないわけですから、こんな条件は、初めから無理難題なわけです。

それでも、裁判所から難癖つけられて保釈を取り消されるのは、避けたいですから、いま4人(と回りの仲間たち)は、細心の注意を払って、街角で偶然会うこともないようにしています。

これじゃあ、報告集会をしようにも、4人に参加してもらうのは難しそうです。
いろいろ裁判所に確認しようと考えてます。

ともかく、この4人の「相互接触禁止」という条件は、思った以上に、4人を始め、私たちの手足を縛りつけています。
posted by 4・5釜ヶ崎大弾圧救援会 at 07:49| Comment(0) | お知らせ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。